スパイクを活用したアプローチ

針のような見た目のモノを置いて鳥に居座らせないようにする商品です。しかしながら、素材が柔らかく、鳥たちはスパイクの間に居座ったり、巣さえも作ってしまいます。

ネットを活用したアプローチ

ネットを張ることで鳥害を防ぐ方法です。しかしながら、ネットの間をかいくぐる、またネットの下から侵入する等の課題があります。また何より鳥を傷つける可能性があります。

薬剤を活用したアプローチ

鳥が忌避する臭いや害を与え得る薬剤を撒くことで鳥害を防ぐ方法です。化学物質であることも少なくないため、環境にも鳥にも好ましくありません。また芝生等での活用はできますが、高い場所で対策を講じるには作業が困難です。

音を活用したアプローチ

音を発生させることで鳥を威嚇し鳥害を防ぐ方法です。しかしながら、音を発生させることで近隣からの苦情が問題なるケースが少なくありません。

ビジュアル物を活用したアプローチ

かかしや大きな目を模したマーキング等、鳥に忌避硬貨を与えるデザインの物体を設置することで鳥害を防ぐ方法です。しかしながら、動きがなかったり、一定の動きしかできない等、鳥にすぐに見破られてしまいます。

Q1: なぜ、あまり効果がないのか?

A: なぜなら鳥は賢く、用心深く、しつこいため、見抜かれてしまうからです。

Q2: 効果がある既存の商品はどうか?

A: 効果がある方法でも、鳥を傷つける等の問題があります。

Q3: どのような商品が良いのか?

A: 鳥を傷つけることなく、継続的な忌避効果を実現する商品です。